信用取引を利用すれば資金不足で投資機会を失わない

信用取引とはどんな取引なのか

本来は証券会社で口座を開設してそこに預けた証拠金で株式の取引をしますが、預けた証拠金以上の取引もできます。一時的に資金を証券会社から借りる形で取引ができる制度があり、それを信用取引と言います。株式は場合によっては投資した金額全てを失う場合もあるので信用取引を利用しての取引の場合は証拠金以上の損失が出る可能性もあります。また証拠金の2倍の取引を行えば損失も利益も2倍になるので短期間で利益も損失も大きくなりやすい傾向があります。

強制ロスカットは絶対ではない

信用取引を利用して取引をした場合には証拠金以上の損失が出る可能性もあり、その場合は損失を補填する為に追加の入金が必要になります。それを防止する為に多くの証券会社では損失額が証拠金と同じ額になった時点で強制的に決済して証拠金以上の損失が出ないようにするシステムを採用しています。これを強制ロスカットと呼びますが、強制ロスカットは常に正常に作動する訳ではなく急激な株価暴落などがあると売り注文が間に合わない事もあるので最悪の場合追証が出る事も把握しておかなくてはいけません。

信用取引で投資機会が増える

株式に投資する際に資金が不足している事は大きな問題になります。資金が不足している状態では同時複数の銘柄に投資する事が難しくなり特定の銘柄だけに投資する事になったり少ない資金で無理やり分散する事で中途半端な投資になってしまう事があります。信用取引を利用する事で資金不足の状態でも一時的に資金を貸し出してもらえるので投資機会を資金不足を理由に失う事がなくなります。その為に信用取引を利用する事は投資の可能性を広げる事とも言えます。

信用取引において、委託保証金率が最低保証金維持率を下回った時に追加保証金を入れることを追証と言います。