宅建の試験の際の勉強配分、試験時間配分について

宅地建物業法に力を入れる

宅建試験の際には毎回試験に出る問題と出ない問題があります。したがって、毎回出るポイントは特に力を入れて勉強する必要があります。その中でも、特に毎回試験範囲となっているのが宅地建物取引業法です。法律の範囲は広いものの、毎回試験に出る問題は似たような問題が多いため、過去問を繰り返し解くことによって点数アップを見込むことが出来ます。また、この法律については試験の問題数も特に多いため、試験の際にはこちらの問題から取りかかるのが良いです。

法令上の制限は丸暗記をする

次に試験の際に点数が取れると見込まれるのが、法令上の制限です。これは、不動産取引を行う上での様々な法律について問題が提出されます。そのため、「~の場合には~しなければならない」、「~の場合には~しなくてもよい」という問題が多くなる傾向があります。したがって、過去問を中心に、「~」の部分が制限の範囲に含まれるか、含まれないかを正確に丸暗記することにより、短期間でも点数アップが見込める範囲となります。試験の際には、宅地建物取引業法の次に取り掛かるのがよいです。

その他の範囲は少し力を抜く

その他の範囲として、民法等や税、その他について試験の問題があります。しかしながら、こちらについては範囲が広く、毎年問題が変わりやすい傾向が強いため、過去問の繰り返しでも点数アップが見込み辛い範囲となっています。したがって、基本的な部分は抑えるものの、こちらに回す勉強時間があるならば、宅地建物取引業法や法令上の制限について力を入れた方がよいです。また、試験の際には一問一問の回答に時間がかかってしまうため、後回しにして取り掛かった方がよいです。以上のようにして、勉強、試験に取り掛かるのが合格に向けての近道になるはずです。

宅建士は不動産事務所に必須の資格です。法改正後、主任者から宅建士となり、ますます需要が高まっています。宅建の講座は、プロの先生が最新情報を教えてくれます。独学で学ぶより、効率的に学習できます。